[喫茶店沙汰]

  • 最近の課題はギター。発端は簡単な循環コードの練習。
    ブログの過去履歴にチョロっとその当時の音源がありますよv

  • 歌詞

    あそこの角を曲がった先にある寂れた喫茶店で
    僕は君が来るのを待って早くも二時間が経った
    何時になれば逢えるのか
    ある種賭けにも似た衝動で
    遠い街へ越した君を今日も探しているのさ

    有り余る主戦力と願望を
    勝ち誇る使命感と傲慢を
    あらましなどは聴いてはいないよ
    取り繕う焦燥と恥じらいを

    あそこの角を曲がった先にある寂れた喫茶店で
    君は僕に憂いを語ってシャツの袖に縋って泣いた
    当たり障りの無い助言で
    君を傷つけていた事態を
    当に落ちた太陽までが責めた目をしてまた昇る

    舞い落ちる浮遊感と絶望を
    へばり付く疲労感と孤独を
    すなわち何も聴いてはいないよ
    目を見張る悲壮感と言動を

    あそこの角を曲がった先にある寂れた喫茶店で
    僕は君が来るのを待って早くも二時間が経った
    何時になれば逢えるのか
    ある種賭けにも似た衝動で
    遠い街へ越した君を今日も探しているのさ

    あそこの角を曲がった先にある寂れた喫茶店に
    君は僕ではない男性と共に現れて仄かに笑った
    僕は余所見の動作にて
    平気だとばかりに笑ったが
    握るドアノブにタタタ・・と悔し涙が落ちる

    back