[初恋薊]

  • 学生時代の曲を復刻しよう計画が今自分の中で燃ええます。

    その中のひとつがこの歌。

    新潟県の織物協会が、1月から12月までそれぞれに日本古来の色の

    名前を付けています。初恋薊は5月。深い紫色。ワインの色とも称されます。

    曲中に出てくる鍵盤ハーモニカは生で演奏。新しい試みです。

  • 歌詞

    大きな夢と 小さな揺り籠
    夕日は落ちて 街は目覚める
    紅い頬に 蒼い雪模様
    遠い空と 近い風琴


    「いつか いつの日にか
    逢える また逢える」等と云う
    無いのでしょう本当は・・・
    永久にサヨウナラ
    永久にサヨウナラ

    沢の馨 山の温もり
    昇る朝日 眠る暗闇
    淡い想ひ 深い海原
    白い腕 冷たい涙


    もう
    永久にサヨウナラ
    永久にサヨウナラ

    back